平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部 準決勝 川口戸塚西 vs 朝霞第二

平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部準決勝。第2試合は朝霞第二中学校と川口戸塚西中学校が激突し、3ー0で勝利した朝霞第二がもう1枚の関東大会行き切符を掴んだ。


序盤は攻め込まれる時間もあった朝霞第二だが、クーリングブレーク後は得意のサイドアタックからチャンスを作ると先制点は前半アディショナルタイム。左サイドハーフの五十嵐隆成のグラウンダーのクロスに「ニアはずっと言われていた。その練習通りにできた」というFW斎藤零弥が相手ディフェンスとキーパーの前にうまく滑り込んでゴール左上に突き刺した。

一方の戸塚西は失点の直前にFW八木下海がエリア内でディフェンスを振りほどいてキーパーと1対1のシーンを迎えたが、ここは思いきって前に出た朝霞第二GK伊藤樹央が身体を張ってブロックしてゴールとはならず。1分後に失点をして、ビハインドの状態で前半を折り返した。

後半も先制点の勢いのままに朝霞第二が攻勢に出る展開。3分には中盤でボールを受けたMF中村優斗が果敢にドリブルで運ぶと、ボックス手前でディフェンダー3人に囲まれながらそこを独力で突破してシュート。9分には中村のポストプレーからFW中島瞬史朗が狙っていく。

対する戸塚西は後半15分にMF本山遥樹の右コーナーキックをニアサイドでMF小名坂航平がすらして、遠いサイドで八木下がヘディングで合わせたがシュートはゴールの上に外れた。

次の1点が重要となってくる中で試合を動かしたのは朝霞第二。クーリングブレーク明けの後半23分、相手のセットプレーからカウンターに繋げると最後は斎藤がキーパーとの1対1を冷静に右足のインサイドで流し込んで2ー0。さらにその直後に相手のリスタートのボールを素早く回収すると、24分、裏に抜け出したMF橋本大翔がチーム3点目を奪い勝負を決した。

戸塚西も最後まで攻める姿勢を見せたが、アディショナルタイムの八木下のヘッドは枠を捉えることができず。このままクリーンシートで終えた朝霞第二が初の関東大会出場を決めた。

チームの歴史を切り開く勝利に「二中で初めての関東にいこうとみんなの気持ちが一丸になっていた」と主将のDF小川颯。また、試合後に戸塚西のキャプテン・八木下に激励を受けたことを明かし、「関東でも頑張れと声をかけられた。関東大会では埼玉県代表としてふさわしい姿で、県大会で負けたチームの分も戦って全国大会に行きたい」と気持ちを新たにしていた。

怪我で出遅れた斎藤が2得点の活躍「自分のゴールで関東に行けるのは嬉しい」

直前の練習試合で負傷。途中出場が続いていた斎藤が復帰後初のスタメンに2得点で応えた。

前半は常に言われているというニアスポットで勝負を仕掛けていくと、クーリングブレーク明けには右からのクロスをニアでピタリ。これは惜しくもサイドネットの外側となったが、アディショナルタイム3分に五十嵐の左からのクロスに今度はネットを内側から揺らして先制点。

後半23分にはカウンターからハーフウェイライン付近でディフェンスと身体を入れ替えると一気に敵陣まで独走。最後はキーパーの動きをしっかりと見極めてドッピエッタを達成した。

「自分のゴールで関東に行けるっていうのはとても嬉しいです」。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがロシアW杯のスペイン戦で見せたハットトリックに「ああいう大一番で、ああいうゴールを決められるっていうのはすごいなと思った」と大きな感銘を受けていたというが、この日は斎藤が関東懸けの大一番でクリロナばりの勝負強さを発揮してみせた。

石黒登(取材・文)

試合結果

川口戸塚西 0-3 朝霞第二

0(前半)1
0(後半)2

soccerlounge