平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部 2回戦 所沢向陽 vs 川口戸塚西

平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部2回戦。川口戸塚西中学校と所沢向陽中学校の一戦は、戸塚西が後半早々に2点を奪って2ー0で勝利。同校は続く3回戦の三郷早稲田中学校戦も2ー1で制し、ベスト8進出を決めた。準々決勝は坂戸千代田中学校と対戦する。

前半は相手の早い守備に苦しむも、後半開始4分で2点を奪った戸塚西が16強入りを決めた。

「前半は相手のプレッシングが速くて中盤でなかなかリズムが作れなかった」と戸塚西・菅野航平監督。チームのひとつの形である1トップの八木下海にもなかなかボールが収まらず。逆にカウンターから26分に所沢向陽MF松尾龍之介にアーリークロスをダイレクトで合わされたシュートはGK塩田隆一郎がセーブしてことなきを得たが、前半は厳しい展開を強いられる。

それでも戸塚西はハーフタイムに4ー5ー1から4ー4ー2にシステムを変更すると後半開始早々にスコアが動いた。先制点は2分のこと。前半途中出場の2年生FW亀田皐太のパスに八木下がエリア左側から侵入すると、キーパーの飛び出すタイミングを冷静に見極めて中央にグラウンダーのパスを供給。これをFW柳瀬光汰が無人のゴールに突き刺してついに均衡を破った。

さらに2分後には追加点。MF本山遥樹のクロスを今度は八木下が押し込んで2ー0とした。

その後も戸塚西は後半9分にコーナーキックからDF中山千汰のヘディングがキーパーを強襲。21分には再び中山が混戦から狙っていくがこれはクロスバーに嫌われた。結局それ以上スコアは動かなかったが、最後まで攻め続けた戸塚西が2ー0で勝利し、16強進出を果たした。

戸塚西にとってはこの2回戦が初戦。前半は固さも見られた中で「後半しっかりと刺せたのが大きかった」と菅野監督。「疲れている中で、相手の足が止まっている中でも、ここでしっかり決めてほしいなという場面で決めてくれるような勝負強さが少しずつ出てきた」という。

またゲーム体力も半年弱で向上。新人戦ではゲームを作りながら最後の部分で走り負けて悔しい想いをしたが、この日は最後まで相手のカウンターに喰らいついて、成長した姿を見せた。

翌日の3回戦・三郷早稲田戦も追いつかれる展開もしっかりと勝ち越してこれで昨年越えのベスト8。27日に行われる準々決勝ではこちらも今大会勢いのある坂戸千代田高校と激突する。

後半開始4分で勝負決める! 主将の八木下「やっぱり関東大会に行くのが目標」

前半は相手のプレスに苦しみ「思うように収められなかった」と振り返った八木下だが、システムを変更した後半は開始4分で1ゴール、1アシストと躍動し、チームを勝利に導いた。

2分に先制点をアシストすると、4分には「しっかり仲間が自分を見ていてくれた。あとはしっかりと決め切るだけでした」とクロスをゴールに突き刺して加点。試合後は「ゴール以外はあまりいいプレーができなかった。自分的にはまだまだできるかなというところはあります」としたが、難しい状況の中でもここ一番できっちりと仕事をする勝負強さはエースの証明だ。

翌日の3回戦も勝ち上がり、これで昨年のベスト16を超える8強進出。5年前の新人戦では県準優勝の経験もある戸塚西だが、八木下は「やっぱり関東大会に行くのが自分たちの目標。決勝を見据えて、1回戦、1回戦、しっかりと戦っていきたいと思います」と力強く語った。

石黒登(取材・文)

試合結果

所沢向陽 0-2 川口戸塚西

0(前半)0
0(後半)2

soccerlounge