pickup_photoの新着記事

  • 成徳深谷 為谷洋介監督インタビュー

    新人戦では支部からの参戦ながら、本大会で浦和学院、昌平、浦和東、西武台と強豪校との接戦を粘り強い守備で制し、初の県タイトルを獲得した成徳深谷高校。就任14年目でチームを県No.1に導いた為谷洋介監督に新人戦のこと、指導理念、そして今シーズンについて訊いた。

  • トレーニングは技術を磨く場ではない。 「技術をどう扱うか」を学ぶ場である!【特別寄稿】 WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」

    ドイツサッカー連盟公認A級ライセンス(UEFA-Aレベル)を持ち、15年以上現地の町クラブで指導を行う「中野吉之伴」。帰国時には、全国で指導者講習会やサッカークリニック、トークイベントを開催し、各地を回る。その中で日本の育成が抱える問題や課題にも目を向け続けています。この企画は、大手新聞社の海外通信員としても活動する中野が主筆するWEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」が月一で寄稿する育成コラムです。

  • 今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2017年度」(大学編)

    今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。

  • 今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2017年度」(大学進学編)

    今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。

  • 今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2017年度」(Jクラブ編)

    今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。

  • 今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2017年度」(高体連編)

    今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。

  • 浦和レッズユース出身の橋岡大樹、荻原拓也がトップ昇格

    11日、浦和レッズの新体制発表記者会見が行われ、今季ユースからトップに昇格するDF橋岡大樹、MF荻原拓也(MF井澤春輝は徳島ヴォルティスに期限付き移籍)も壇上でプロ1年目に向けての意気込みを語った。ちなみに背番号は橋岡が27番、荻原が26番となった。

  • 埼玉出身プレイヤーが活躍!埼玉サッカー通信的 高校サッカー選手権決勝プレビュー

    全国4093校の頂点をかけた戦いもいよいよ最後。決勝はインターハイとのWタイトルを狙う流通経済大柏(千葉)と昨年準優勝の雪辱に燃える前橋育英(群馬)の対決となった。埼玉県出身プレーヤーも多い両校。ここでは埼玉サッカー通信的、決勝プレビューをお届けする。

  • 選手権を終えた昌平3年生たちの思いとは【選手権コラム】

    昌平高校は、全国高校サッカー選手権2回戦で敗れ、目標としていた全国制覇には手が届かなかった。それでも今年のチームは県内5冠に加え、関東大会を初制覇。選手権では同校として初勝利を挙げるなど、多くの歴史を塗り替えた。3年生はこの経験を糧に、次のステージに進んでいく。

  • 藤島崇之 昌平高校監督ロングインタビュー(後編)

    今年は新人戦に始まり、関東大会予選、インターハイ予選、選手権予選、リーグ戦と前人未到の県内5冠を達成した昌平高校。目前に迫ったプリンスリーグ参入戦、そして日本一をかけて挑む選手権大会を前に昌平・藤島崇之監督にロングインタビューを行い、藤島監督について、サッカー理念、選手権に向けた意気込みを訊いた。(interview by 石黒登)