平成30年度 埼玉県高校サッカー新人大会3回戦 越谷北 vs 越谷西

新人大会・東部支部予選3回戦。越谷西高校は越谷北高校との“越谷ダービー”を5ー0で勝利した。越谷西は翌日の準々決勝で三郷北高校戦をPK戦の末に下し、関東大会出場を確定させた。


2回戦の草加戦では初戦の固さもあり開始3分で先制点を喫した越谷西だが、この日は落ち着いて試合に入ると前半15分にMF山崎克のクロスから1年生FW福島聖太が決めて先制した。

その後もペースを握りながら、左右にピッチの幅を大きく使った攻撃で相手陣地に押し込んだ越谷西は前半39分、山崎のコーナーキックに対して、その前にもポスト強襲のボレーを放っていたMF鈴木駿が、再びニアサイドに入って左足をコンパクトに振り抜き、今度はネットを揺らした。

一方、越谷北は攻守に運動量高く走るMF梅賀集介を中心に奪ってはシンプルに、縦に速い攻撃を狙うが、敵陣でなかなかトップの三宅功希にボールが入らず。前半の決定機は立ち上がりにコーナーキックから梅賀がヒールキックで合わせてニアポストをかすめた一本に終わった。

越谷西は後半1分にFW小川幸四郎が相手ディフェンスの背後からボールをかっさらって勝負を決定づける3点目。さらに小川はその1分後に今度はDF中山勇太からのフィードに走り込むと、飛び出してきたキーパーを冷静にボールを浮かせて交わし、無人のゴールに流し込んだ。

後半9分には福島とのワンツーで抜け出したMF横村颯斗がダメ押しとなる5点目を奪取。その後も選手を入れ替えながら最後まで集中力を切らさずに戦った越谷西が5ー0で快勝した。

リスタート直後に2ゴール! 1年生FW小川「もっとドリブルを増やしたい」

1年生FW小川幸四郎がリスタート直後の2ゴールで勝負を決めた。

「序盤はボールも弾んでいたりとグラウンドとかにも慣れてなくて、前半だけ見たら全然ダメだった。後半はもっと自分の良さを出そうと思って、前からプレスに行って頑張りました」。

積極的な姿勢はファーストプレーから現れた。開始1分、相手ディフェンスが浮き球を処理しようとしているところに猛然とプレスをかけてボールを奪い取って1点目。さらに直後味方からのロングフィードに抜け出すと「(キーパーが)見えていた。ボールも弾んでいたのでちょっと浮かせました」。飛び出してきたキーパーを冷静にかわして右足でネットに流し込んだ。

スピードを生かした裏取りや昨年のU-16リーグではトップ下を務めるなど中盤に落ちてのプレーも得意という万能型FWだが、ジュニアユース時代は「もう結構ひとりで行っちゃう感じでした」とドリブルも得意としており「もっとドリブルも増やしたいです」。現在編成の真っ最中である新チームでポジションを確保するためにも、武器のドリブルでもアピールしていく。

試合結果

越谷北 0-5 越谷西

soccerlounge