全国高校サッカー選手権埼玉県2次予選2回戦 朝霞西 vs 埼玉栄

選手権2次トーナメント2回戦。浦和南高校グラウンド第2試合は埼玉栄高校と朝霞西高校が対戦した。試合はFW新井亮士郎の2ゴールを含む3得点を決めた埼玉栄が後半の朝霞西の反撃を1点に抑えて3ー1で勝利し、関東、インハイ予選に続き、ベスト16進出を決めた。

序盤からいきなりスコアが動いた。得意のサイド攻撃で形を作った埼玉栄は前半3分、右サイドバックの松山湧紀のグラウンダーのクロスに左サイドハーフの大須賀宣人が反応。「少し伸びたので難しかった」と振り返ったが、うまく左足で合わせて幸先よく先制に成功した。

前半20分には追加点。ワントップの新井がMF福島健太のスルーパスから一瞬のスピードでディフェンスラインを置き去りにすると、キーパーとの1対1を右足でニアに流し込んで加点した。しかし以降はブロックを敷いてくる朝霞西に対し3点目を奪うことができず。前半はフィールドプレーヤー10人中9人がシュートを打ちながら、2ー0のまま試合を折り返した。

すると後半は「このままいったら何も残るものはないよ。ひとりがいったらひとりがカバーしにいけばいい。気持ちの部分でチャレンジしていこう!」(山下暁之監督)と確認しあったという朝霞西が序盤から気迫を持って前に仕掛けていく。2分にはMF入内嶋哲也の右コーナーキックからDF佐々木聖斗がシュート、こぼれ球に大垣拓海が詰めてついに1点を返した。

その後は再び埼玉栄が攻め込む展開となるも、朝霞西もキャプテンのDF平石晴を中心に全員が一枚岩となって粘り強いディフェンスを見せる。埼玉栄は後半10分に新井が決定機を迎えたが、朝霞西GK斉藤悠真がビッグセーブを連発。すると朝霞西も12分にカウンターから入内嶋がチャンスを作り出すなど、前半とは打って変わってアグレッシブな姿勢を示していく。

しかしその均衡が破られたのが後半25分。決めたのは埼玉栄FW新井だった。「気温が低かったので飛ばしすぎてしまった」こともありすでに足は限界にきていたが、監督からの「あと3分頑張れ」の言葉に「もう1点取ってやる!」とストライカーの本能が燃えた。左サイドバックの西見斗輝からのマイナスのクロスを左足で叩いてこの日自身2点目。稲垣忠司監督は「今日はよく決め切ってくれた。FWとしての役割を果たしてくれた」と3年生FWを称えた。

2点差とされた後もFW田頭健斗、入内嶋らが最後まで攻める姿勢を見せた朝霞西だったが、追加点とはならず。3ー1と逃げ切った埼玉栄が越谷西高校の待つ3回戦に駒を進めた。

この日は前後半合計18本のシュート。最後に1点取り返したことについては評価したものの、「あれだけチャンスがあったのに決めきれなかったのは課題」と稲垣監督。失点については「本来であれば0ー2からの失点はあっちゃいけない。あの後朝霞西も勢いよく出てくるような形になってしまった」。主将の渡邉宰も「1失点というところがすごい目立つ。その後は崩れることはなかったが、あまり納得はしてないです」とし、次回までの修正を誓った。

強豪との連戦となるベスト16以降は1点が勝負を分ける展開も増えてくる。もともと「埼玉の中でも攻撃力は自信がある」(大須賀)というチームは得点を挙げた2人を含め、10番のMF石橋彪、この日もサイドで存在感を放った2年生MF春原尊とアタッカーの駒は揃っており、セットプレーからの失点を減らせられればベスト4というところも見えてくるだろう。

総体予選では王者・昌平高校をあと一歩のところまで追い詰めた。「あの時のリベンジをしないといけないので」と新井。周囲からは早くも昌平戦との声も上がるが、チームはいま全員が目の前の越谷西戦に集中している。「ここで負けたら本当に終わり。しっかりと照準を合わせて2週間後に良いゲームができるようにしたい」と渡邉主将。怪我で初戦を欠場したMF塚目海渡も3回戦までには間に合う予定で、一戦必勝体制でベスト8をかけた試合に臨む。

一方、選手権1回戦突破も目標のベスト16には届かなかった朝霞西。「後半は気持ちの部分のエンジンが入ってひとりが行っても次の選手がカバーするような構図ができた」(山下監督)だけに、消極的になってしまった前半を悔やんだ。それでも「本当に全力でやって最後ああいう形で見ている人が心を動かされるようなゲームができたのかな」と選手たちをねぎらった。入内嶋や斎藤らが中心となる来年はこの経験を糧に再び16強の壁にチャレンジする。

石黒登(取材・文)

試合結果

朝霞西 1-3 埼玉栄

0(前半)2
1(後半)1

soccerlounge