南浦和はチーム1小柄な左SB、田中佑樹が決勝ゴール!リーダーシップ生かし声でも貢献/学総県大会3回戦

県学校総合体育大会3回戦(25日)。南浦和中と伊奈小針中の一戦は1-0で南浦和が勝利した。


両チームは新人戦でも同じ3回戦で対戦。その時は2-1で南浦和が勝利したが、今回も1点を争う展開となった。南浦和は立ち上がりからMF畑乙樹(3年)とMF升掛壮梧(3年)のダブルエースが鋭い突破で何度もドライブし、伊奈小針のディフェンスブロックを破りにかかる。

一方、伊奈小針はDF山下誠史郎(3年)、DF安良岡大智(3年)のCBコンビを中心にこのアタックに対応。そして攻撃となれば10番FW小林大悟(3年)が高い推進力を見せていた。

後半も南浦和は畑がキックオフから4人抜きのドリブルでゴールに迫るなど押し込んだ中でなかなか得点を奪うことが出来なかったが、後半23分にコーナーキックを獲得すると、ショートコーナーから畑が速いクロスを供給。これにDF田中佑樹(3年)が点で合わせ決勝点とした。

南浦和はチーム1小柄な左SB、田中佑樹が決勝ゴール!リーダーシップ生かし声でも貢献

チーム1小柄なサイドバックが勝負を決めた。南浦和は後半23分、ショートコーナーからDF田中佑樹がゲット。「まさか自分が決めるとは思っていなかった」と本人も驚く決勝弾となった。

「最後まで行けていた部分も多かったんですけど、なかなか決定力という部分で決められなくて、コーナーとかも多かったんですけどものに出来ていなかった」。田中自身も一度ショートコーナーからボレーを合わせにいくもうまくヒットせず、ふかしてしまった場面を悔いていた。

後半も攻め込みながらも得点だけがないという時間が続いた中で迎えた23分。南浦和はコーナーキックを獲得するとMF畑乙樹のショートコーナーにニアに走ったのは左SBの田中だった。

「自分自身はディフェンスの方なのであまり攻撃の場面では活躍出来ていなかったんですけど、あの場面はコーナーになった時から良いところに走り込もうと決めていた」。畑の高速クロスに左足のつま先で合わせて値千金のゴール。実は市大会でもコーナーキックから2得点を奪うなど「結構点を取る」(神立監督)左SBは「チームが勝てたのでとても嬉しかった」と喜んだ。

また、チームの中でも唯一学級委員も務め、神立朋次監督も「よく声も出せますし、リーダー気質がある子。人として信頼できる」という田中は声の部分でもチームに貢献。「辛い時でも声を出す、チームを励ませる声は自分自身のストロングポイントだと思っている。サッカーに関してはあまり目立てないんですけど、チームを支えるという面では頑張っていきたいと思っています」。身長は156cmと同級生の中でも一番小さいが、ゴールに、声に大きな存在感を放った。

石黒登(取材・文)

試合結果

南浦和 1-0 伊奈小針
0(前半)0
1(後半)0