須藤直輝の大団円のラストを目指した高校サッカー最後の1年がスタート 


須藤直輝は1回戦を除く3試合に出場。今大会は得点、アシストに絡むことができず「納得していない」としたが、ボールを持てば凄みを増したドリブルでチームに勢いを生んだ。

昨年からゲームキャプテンを務める中で今年は名実ともにキャプテンとして迎えるラストイヤー。「いろいろな大会もすべてラストという言葉がついてくる。1年生から関わらせていただいている以上、それ以上の結果を求めてやっていかなきゃいけないと思いますし、自分自身全然満足はしていないので、満足いくような結果になれるようにやっていきたい」と気合を込める。

それでも今年の須藤にはどこか心の余裕を感じさせるなと思うことがよくある。

悲願の選手権制覇について話を振った時だ。「やっぱり1年生で悔しい想いをして、2年生でも悔しい想いをして…」と話し始めた中で「でも2年生で取っちゃったらつまらないと思うので。自分たちの代で取ったらそれで結果オーライだと思うので、自分たちの代で取れるようにやっていきたいなと思っています」。

「なんかドラマみたいだね」と水を向けると「そうですね」と悪戯な笑みを浮かべた。「去年取りたくなかったわけじゃないんですけど、でもそこで取れなかったというのはやっぱりどこか自分の代で取れよっていうあれかもしれないので」。

1年目はサッカーが好きで好きでたまらないサッカー小僧、2年目はゲームキャプテンを務め、高校選抜や代表での経験をチームに伝えるという役割も担った中で今年の須藤は自然体だ。

個人としても今年はプロという明確な目標もある。「どんな状況に置かれてもできる選手に、自ずとプロになれる、なるっていうのが目標なので、そこを見据えてやっていけたらと思っています」と須藤。その上で「やっぱり昌平の歴史を作りたいと思いますし、先輩方が成し遂げられなかったものを自分の代で成し遂げられるように、チーム全体で頑張ってやっていきたい」。

大団円のラストを目指して。須藤直輝の高校サッカー最後の1年が幕を開けた。

石黒登(取材・文)

soccerlounge