平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部 準々決勝 坂戸若宮 vs 羽生西

平成30年度学校総合体育大会 中学校サッカーの部準々決勝。坂戸若宮中学校と羽生西中学校の一戦はMF田中栄地のゴールで若宮が早々に先制。その後は羽生西が猛攻を仕掛けたものの、最後まで無失点で凌いだ若宮が1ー0で勝利し、2年連続の学総ベスト4進出を決めた。


早々にスコアを動かしたのは若宮。前半1分、右サイドでMF小茂田知とパス交換した田中は「開始早々だったので打ってみようと思った。キーパーの位置やあまり身長が大きくなかったので上を攻めました」。やや距離のある位置から思いきって狙っていくと、ボールはキーパーの頭上を越えて反対サイドのネットに突き刺さるゴラッソ。幸先の良いゴールで先行した。

しかしその後は羽生西の展開に。ボランチの中村陽聖の勝負所を見た絶妙な配球でチャンスを作る羽生西に対し、若宮はなかなかカウンターのチャンスを見いだすことができずに苦しむ。

後半も同点弾を狙う羽生西が前に出る。2分にはコーナーキックからMF山﨑翔のヘディングがわずかに枠の上に、その3分後にはエリア手前から放たれた中村の強烈なシュートがキーパーを強襲する。その後もより前目にポジションを取った中村を中心に圧力を強めていく羽生西だが、若宮もDF原田拓実らディフェンス陣がしっかりと身体を寄せて自由にやらせない。

終盤にかけても羽生西の猛攻はやまず。後半32分にはボックス前で切り返した中村のシュートがディフェンスに当たってコースが変えるも、若宮GK横山博俊が掻き出してゴールを死守。最後まで集中力を切らさなかった若宮が、前半早々の1点を守り抜き1ー0で死闘を制した。

相手の猛攻受けるも 志治前監督と磨いた守備で若宮が4強進出

「本当にこの大会の中で初めて我慢し切る試合というのをさせていただきましたね」と若宮・加藤崇行監督。猛攻を受けながら0に抑えた背景には新人戦以降積み重ねてきた守備がある。

昨年の新人戦支部予選では無失点優勝を掲げながら敗退。チームは県大会出場を逃した。「強いチームに勝つには守備をタフにやらないと勝てない」。新人戦以降は前指揮官の志治慎由監督のもと守備を徹底的に強化。文字通り練習のほとんどの時間をディフェンスに割いてきた。

センターバックの原田は「その経験がみんなの守備の強さを変えた」と語る。「0からまた守備を始めて、最初は相手に縦パスを通させないところ、そこから1対1や2対2の練習、ラインディフェンスからゾーンディフェンスまでしっかりとやって学総に備えてきました」。この日はチームとして、そして最後の局面では1対1でしっかりと身体を当てて強さも見せた。

前線が流動的に入れ替わる変幻自在の攻撃はもちろん、今年の若宮はディフェンスも注目だ。

石黒登(取材・文)

試合結果

坂戸若宮 1-0 羽生西

1(前半)0
0(後半)0

soccerlounge