平成30年度全国高校総体サッカー大会 埼玉県予選2回戦 朝霞西 vs 浦和東

インターハイ予選2回戦。浦和東高校と朝霞西高校の一戦は、浦和東が4ー0で勝利し3回戦進出を決めた。浦和東は前半終了間際にMF志村直樹のフリーキック弾で先制、後半はMF中野音央のゴールから一挙3得点を加えて快勝した。ベスト16では川越南高校と対戦する。

立ち上がりから浦和東がボールを握る展開も、朝霞西も積極的にプレスをかけてこれに対応。中盤以降は朝霞西が自陣を固めたことで浦和東が攻め込む展開となったが、「前半はパスが主体となってしまった。相手が4ー4でブロックを作っているところで回しているだけで怖さがなかった」と平尾信之監督が語ったように、なかなかゴールに結びつけることができない。

刻一刻と時間が経過する中で試合が動いたのは前半アディショナルタイム。浦和東は敵陣深くでフリーキックを獲得すると、キッカーの志村は「ニアストーンがいなかった。ニアにひとり突っ込んでくる練習をしていたので触るか触らないかのボール、直接入ってもいいし触ってもいいようなボールを狙って蹴りました」。鋭く放たれたシュートはそのままネットインし、直後に前半終了の笛。浦和東がラストワンプレーで決めて、1点リードで試合を折り返した。

後半はパスだけでなくドリブルというアクセントを加えたことで効果的な崩しが増えた浦和東。12分には今大会10番を背負うFW大越來が個人技から狙ったシュートがポストのわずかに外。19分にはMF石塚陸斗の左からのクロスに対し、FW河西輝星のダイレクトシュートが枠を捉えたが、朝霞西GK斉藤悠真が好反応を見せ、弾いたボールはクロスバー上をかすめた。

対する朝霞西も交代カードを切りながら好機を待つと、後半24分にこの試合最大の決定機を迎える。セットプレーの流れからエリア右側でフリーの状態になったMF石川聖弥がシュート、さらにこぼれ球をMF大垣拓海が詰めたが、これには浦和東GK野本高嶺が立ちはだかった。

すると後半28分に浦和東が追加点。「ミドルやこぼれ球を狙っていた」という中野がボランチの位置から一気に前線に侵入すると、混戦の中から左足で突き刺してリードを2点に広げた。

この1点で勢いに乗ると後半34分には志村の右コーナーにDF種藤康太がニアで合わせて3点目。アディショナルタイムにはフリーキックのこぼれ球を後半途中出場のDF中川修人が豪快に叩き込んでダメを押した。終盤3ゴールと爆発力を見せた浦和東が3回戦進出を決めた。

浦和東にとってはこれがインターハイ初戦。新人戦、関東予選とこれまで初戦は固くなる展開が多かった中で「ハーフタイムに選手たちに『緊張したか』と聞いたら、『今回はもう全然緊張しなかったです』と返ってきた。そこは一個成長したなという感じですね」と平尾監督。中野も「リラックスして入れました」と振り返ったように終始、落ち着いてゲームを展開した。

今大会はチームの精神的主柱であるFW小川翼が負傷で間に合わず。さらにディフェンスリーダーで得点源でもある上原龍も直前の怪我でこの試合を欠場するなど得点力に一抹の不安を残す中で初戦から4得点。それでもキャプテンの中野は「結果的に見れば4ー0ですけど、内容からしたらもうちょっと点が欲しかったですし、やっぱり優勝を狙っているのですべてにおいて圧倒していかないといけない。まだまだだなという感じがします」と課題を口にした。

今年は2大会で準決勝敗退と「ベスト4の壁」に跳ね返されてきた。まずは目の前の試合を一戦必勝態勢で臨むが、「ベスト4になったらもう3大会連続なので、気合いを入れて、成徳とかが来たらやり返してやりたいですね」と志村。ベスト4突破はそのまま全国インターハイに繋がる。今年3度目の正直で、2014年インターハイ以来4年ぶりとなる全国大会出場を目指す。

指揮官曰く「気が利く」選手 ユーティリティー河西「もっとチームを助けたい」

前半はフォワード、後半はボランチでこの日「気の利いた」プレーを披露したのが河西だ。

指揮官曰く「気が利いて、運動量もある」、そして「どこのポジションでもできる」選手。多様性を求める平尾監督のサッカーでは1人2ポジションがトップ入りの条件だが、河西は中盤より前ならどこでもプレー可能。サイドバックの経験もある。「後半セカンドボールが拾いたい時にボランチで使うとバンバン拾ってくれるし、サイドからのビルドアップがいまひとつの時にサイドバックに入れればピンピン通してくれる」。まさにサッカーIQの高い選手である。

本人は「今日はシュートチャンスを決め切れなかった」「オンのプレーの質を上げていかないとこの先にやっていけない」と前でチームを助けられなかったことを反省したが、必要な場面で求められるプレーができるというのは才能。「運動量があるのでそういったところでみんなよりも走って、もっとチームを助けられるようなこともしていきたい」と、献身さも魅力だ。

経験値差を感じるも成長も実感 山下監督「またこの場所に戻ってきてリベンジをしたい」

前半はほぼプラン通りに進めた中で最後の最後で失点。後半も序盤は得点の匂いもさせつつ1つの失点を機に畳み込まれ、朝霞西・山下暁之監督は「試合の流れをひっくり返すようなところでの勝負強さとか精度の高さ、そこに大きな力の差を感じました」と試合を振り返った。

それでも昨年のインターハイ、選手権に続いての県ベスト32入り。「昨年は選手権で栄と、今年の県新人では浦和西といった強豪校と大会でやっていく中で少しずつ経験が積み重なっている部分もある。浦和西戦はビビって立ち上がりに2発くらったが、今日の最初なんかはビビらずに前から気持ちを持っていけていた」というように、経験値は確実に積み上がっている。

「選手権に向けてリーグ戦を通して強化して、またこの場所に帰ってきてリベンジはしたいなと思っています」。この敗戦を糧に選手権予選では昨年果たせなかったベスト16に挑む。

石黒登(取材・文)

試合結果

朝霞西 0-4 浦和東

0(前半)1
0(後半)3

soccerlounge