第4回フットボールパーク杯浦和美園

第4回フットボールパーク杯浦和美園の優勝決定戦他が29日にレッズランドで開催。川口市勢対決となった大一番は鳩ケ谷中学校が上青木中学校を2ー0で下し、大会初制覇を果たした。

今年度は推薦出場の越谷レディースなど、4市25チームが参戦する形で昨年11月に開幕。AからFの6グループに別れて総当り戦で戦う1次リーグに始まり、12月末からはABCの1位、DEFの1位、ABCの2位、DEFの2位といった具合で2次リーグを争ってきた。この日はその2次リーグを勝ち上がった6チームが集い、優勝決定戦を含む順位決定戦が行われた。

武蔵野中学校と大相模中学校の5位決定戦は、大相模が前半22分に先制すると29分に追加点。後半はスコアこそ動かなかったものの、最後まで攻撃の姿勢を緩めずに2ー0で勝利した。

3位決定戦は千間台中学校と越谷南中学校の一戦が行われる予定だったが、後者が不戦敗となったため急遽、大相模が代役を務めた。試合は前半4得点を挙げた千間台が、後半さらに2点を重ねて6ー0で快勝した。大相模は少しのオフを挟んで2連戦とハードな日程となったが、普段はなかなかできない環境で多くの経験値を積めたのは今後に向けて財産となっただろう。

優勝決定戦は鳩ケ谷と上青木による川口勢対決。一進一退の中で中盤以降は鳩ケ谷が攻勢に出る時間を増やしていったが、上青木はキーパーの好守もあってスコアレスのまま試合は展開する。均衡が破れたのが後半18分、鳩ケ谷は右からのクロスをニアで点で合わせて先制点。するとアディショナルタイムにも加点して2ー0で勝利し、5ヶ月に及んだリーグ戦を制した。

石黒登(取材・文)

総評

「第4回フットボールパーク杯を終えて」

今年も無事に第4回目となるフットボールパーク杯が終了しました。今年はレディースのチームにも1チーム参加していただき、ますます地域を越えてサッカーの繋がりが広まる大会となりました。

今大会は川口鳩ケ谷中、川口上青木中、両チームの優勝決定戦となりました。ハイレベルで非常にタフな試合内容で大会ごとにレベルアップしていくのを実感しました。見事優勝に輝いた鳩ケ谷中学校、おめでとうございます。

自チームのレベルアップはもとより、他地域との交流を通して共にレベルアップしていける環境を目指して、来年度、第5回となる大会も開催したいと思います。

今大会の開催に際しまして、スポンサーとして会場等、ご提供いただいたフットボールパークの関係者の皆様、また、趣旨に賛同し、参加していただいたサッカー部の関係者、選手、保護者の皆様にも感謝申し上げ、今大会の総括とさせていただきます。

ありがとうございました。

八潮市立八潮中学校
サッカー部顧問 森山 裕

試合結果

5位決定戦
武蔵野 0-2 大相模
0(前半)2
0(後半)0

3位決定戦
千間台 6-0 越谷南
4(前半)0
0(後半)0

優勝決定戦
上青木 0-2 鳩ケ谷
0(前半)0
0(後半)2

最終結果

優勝:鳩ケ谷
2位:上青木
3位:千間台
4位:大相模
5位:武蔵野
6位:越谷南

第4回フットボールパーク杯参加全25チーム

越谷市:中央中、東中、西中、南中、富士中、光陽中、武蔵野中、大袋中、新栄中、大相模中、千間台中、獨協埼玉中
八潮市:八潮中、大原中、八幡中、潮止中
草加市:草加中、新田中、栄中、青柳中、瀬崎中
川口市:東中、上青木中、鳩ケ谷中
推薦:越谷レディース

soccerlounge