第40回全日本少年サッカー大会埼玉県大会決勝 戸塚FC vs 新座片山

20日(日)、「第40回全日本少年サッカー大会埼玉県大会」の準決勝、決勝が埼玉スタジアム第3グラウンドで行われた。

img_1020_r

今年は昨年大会でレジスタFCが日本一を達成したため、全国大会の出場枠が2枠(都道府県枠、優勝枠)に増加。準決勝が実質の代表決定戦となった。

運命の準決勝では戸塚フットボールクラブジュニア(以下、戸塚FC)が江南南サッカー少年団[A]に2-0で、新座片山フォルティシモ少年団(以下、新座片山)がはくつるフットボールクラブに5-0で勝利。戸塚FCが初の、新座片山は4年ぶり9回目の全国大会行きを決めた。

そして行われた決勝戦。序盤から戸塚FCが攻め込むと、早い時間帯にゲームが動く。前半7分、エリア左から大嶋優斗がグラウンダーのパスを送ると、仲丸慎太郎が落ち着いて決め、戸塚FCが先制に成功。その後もこの2人が中心となって攻撃の形を作っていく。

対する新座片山はカウンターからのサイド攻撃、また得意とするロングスローから得点を狙うも、戸塚FCの守備が堅く、なかなか中を崩すことができない。ゲームは戸塚FCリードで前半を終える。

後半も戸塚FCの優位は変わらず。5分には仲丸のシュートがクロスバーを直撃、12分には仲丸のパスを受けた大嶋が狙っていくも、またしてもクロスバーに阻まれ追加点とはならない。

新座片山も最後に粘りを見せたが、戸塚ディフェンスを攻略することはできず。1-0で戸塚FCが大会初優勝を決めた。

尚、全国大会は12月25日(日)から29日(木)にかけて、鹿児島県鹿児島市を舞台に開催される。

石黒登(取材・文)
椛沢佑一(写真)

試合結果

戸塚FC 1-0 新座片山

1(前半)0
0(後半)0

準決勝
戸塚FC 2-0 江南南
2(前半)0
0(後半)0

新座片山 5-0 はくつるFC
3(前半)0
2(後半)0

大会結果

優勝: 戸塚フットボールクラブジュニア(全国大会出場)
準優勝:新座片山フォルティシモ少年団(全国大会出場)

第3位:江南南サッカー少年団[A]
はくつるフットボールクラブ

soccerlounge