平成29年度 埼玉県高校サッカー新人大会 準々決勝 西武台 vs 浦和西

平成29年度 埼玉県高校サッカー新人大会準々決勝。西武台高校第2グラウンドでは3年ぶりの優勝を目指す西武台高校がMF深代陸、MF大塚悠平のゴールで前半2点を先行すると、後半もさらに2点を加えて4ー0で浦和西高校を下した。西武台は準決勝で武南高校と対戦する。

浦和西は前回よりも1列前で出場したMF重信圭佑がドリブルで持ち上がってコーナーキックを獲得するなど立ち上がりから前に出たが、徐々に試合は西武台ペースに。西武台はトップの関口崇太や右ウイングの若谷拓海、左ウイングの深代陸の強力3トップが中心となって浦和西ゴールに次々と迫っていく。浦和西も最終ラインでこれを耐えたが、前半26分に失点した。

「真ん中が簡単に開くような相手じゃない。角を取ってそこから数的優位を作って崩していく」ことを意識したという関口が左から中に入りながら右サイドにサイドチェンジ。同時に複数がエリア内に入ると、若谷のセンタリングに深代がフリーで合わせて西武台が先制した。

さらに前半33分には再びサイドから得点。大塚のスルーパスから50m走6秒2を誇る関口がサイドを崩すと「思った通りにえぐってディフェンスを引きつけてくれた。ファーが空いていたので自分は全力で呼んで」と起点となった大塚がそのままエリア内へ。ニアで深代がスルーしたボールにしっかりと右足のインサイドでインパクトしてコースに流し込んで2ー0とした。

2点のビハインドを背負った浦和西だが、それでも前半のうちに縦への推進力のあるMF唐牛七海、長身のFWオージ・ヴィクター・シラタと昨年全国を経験した2人を投入すると、エンドが変わった後半は右サイドに入った唐牛のドリブルを中心に相手コートに攻め込んでいく。

唐牛は後半6分、7分と連続して決定機を迎えると、その後もサイドで1人、2人とかわしてクロスからチャンスを演出。しかしなかなか中とのタイミングが合わずに得点には至らない。

するとここを凌いだ西武台は後半30分、ショートコーナーから若谷のクロスにMF齋藤紀樹がヘディングを決めて勝負を決める3点目。アディショナルタイムには後半途中出場のMF浦上颯太のクロスに、同じく途中出場の1年生FW谷直哉がニアで合わせて4ー0とした。難しい時間帯もしっかりと耐えた西武台が3年ぶりの新人戦制覇に向け、準決勝進出を決めた。

「うちは練習試合だとかいろいろなところとやっている分だけこの時期ちょっと先走りしているだけ」と西武台・守屋保監督。先日は選手権準優勝校の流通経済大柏高校と2ー1の接戦を演じるなど、現時点での完成度は高いものがある。一方で後半は押し込まれる展開も見せたことに関しては「動きながら、見ながら、素早く、正確に。そこが切れないような体力もつけないといけないし、技術的なところの正確さ、判断もつけていかないと」と課題も語った。

とはいえ前の3枚や大塚など、攻撃陣は強力。1回戦で4ゴール、この日は1アシストと得点の起点となるプレーで貢献した関口は「0で終わる試合はほとんどないですし、攻撃はどんな相手でも通用すると思っている」とし、10番の若谷も「3トップはどんどんいけと指示が出ている。自由にやらせてもらっているので自信を持っていけています」と自信を見せる。

これでベスト4となり、2015年のインターハイ予選以来となるタイトルも見えてきた。キャプテンマークを巻く関口は「この大会は絶対に最低でもファイナルまで行くというのはみんなで決めている。これ以上昌平にタイトルを取らせるわけにもいかないので、今年は新人戦から全部取っていく勢いで頑張っていきたい」と3年ぶりのタイトル奪還に向けて力強く宣言した。

一方、後半サイドからチャンスを作った浦和西主将・唐牛は西武台相手でもストロングポイントの縦への仕掛けは通用したと手応えを得た一方で「そのボールが合わないのでそこは突き詰めていかなければいけないところ。ここからチームとしてもっと厚みを持った攻撃をしないと点は取れないと思うのでそこはまた練習でやっていきたい」と振り返った。「西武台や昌平、正智、武南相手でもしっかりと戦えるように」。この経験を必ず関東大会予選に繋げる。

石黒登(取材・文)

試合結果

西武台 4-0 浦和西

2(前半)0
2(後半)0

soccerlounge