今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2018年度」(大学進学編)

今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。


進路先ポジション名前経歴
法政大
DF堀江貴大昌平高
法政大MF森田翔昌平高
明治大DF白圡大貴浦和Jrユース→浦和ユース
明治大FW森喜紀浦和西高
流通経済大
GK柴大景
浦和東高
流通経済大
DFイディアゲリ康介
西武台高
流通経済大
DF小室佳祐
西武台高
流通経済大
MF小川大我
聖望学園高
流通経済大
MF佐藤公人
昌平高
流通経済大
MF竹間亮太
聖望学園高
流通経済大
FW渡邉諒佑
国際学院高
桐蔭横浜大
GK北村海チディ
上木崎SSS→グランデFC→関東第一高
桐蔭横浜大
DF大越寛人
FCアビリスタ→グランデFC→広島ユース
桐蔭横浜大
DF吉田和暉
クマガヤSC→前橋育英高
桐蔭横浜大
MF国谷敦史
上木崎SSS→グランデFC→桐光学園高
東洋大
DF白根和紀
エクセレントフィートFC→大宮ジュニア→大宮Jrユース→大宮ユース
東洋大
DF奥野新大
セレザFC→大宮Jrユース→大宮ユース
東洋大
MF高柳郁弥
浦和尾間木→大宮Jrユース→大宮ユース
東洋大
MF伊藤恵亮
クラブ与野→矢板中央高
国士舘大
GK須永幸志郎
狭山ケ丘高
国士舘大
DF堀江凛太郎
クラブ与野→仙台育英高
国士舘大
MF齋藤紀樹
西武台高
国士舘大
MF星涼太郎
正智深谷高
国士舘大
MF佐藤亘輝
正智深谷高
国士舘大
FW高橋尚紀
クマガヤSC→前橋育英高
中央大
DF大桃伶音
浦和Jrユース→浦和ユース
日本体育大
DF北村龍馬
浦和Jrユース→浦和ユース
日本体育大
FW望月謙
FC FESTA→矢板中央高
立正大
DF井上竜太
武南高
立正大
MF中野音央
浦和東高
立正大
FW渋屋航平
昌平高
青山学院大
DF関根浩平
昌平高
青山学院大
MF五百藏悠
レジスタFC→大宮Jrユース→大宮ユース
青山学院大
MF佐藤陸人
上州FC高崎→浦和ユース
青山学院大
MF丸山聖陽
昌平高
新潟医療福祉大
MF岡村勇輝
浦和Jrユース→浦和ユース
新潟医療福祉大
MFオナイウ情滋
正智深谷高
新潟医療福祉大
MF岡部和希
浦和学院高
新潟医療福祉大
MF志村直樹
浦和東高
阪南大
DF中里竜也
浦和学院高
京都橘大
MF山田地暖
浦和学院高

堀江、森田がインカレ覇者へ、森は強豪・明治大に進学 オナイウは新潟からプロ目指す

現時点(2月27日)で公式に発表されている大学進学予定選手は上記のプレーヤーたちだ。

昨季大学No.1に輝いた法政大にはDF堀江貴大、MF森田翔の昌平コンビが進学する。高校での全国制覇は叶わなかったが、今年も4人のJリーガーを輩出、さらにMF紺野和也(武南高出身、2020年FC東京内定)、FW上田綺世(2021年鹿島内定)とすでに次年度以降の内定者も出している同大学で4年間研鑽を積み、大学年代での日本一、そして4年後のプロ入りを狙う。

また、総理大臣杯覇者の明治大に進むFW森喜紀(浦和西)も楽しみな存在だ。186cmの長身と50mを6秒前半で走る走力に加え、足元のしなやかさもあるユーティリティプレーヤー。伸び代も含めポテンシャルを評価された形で、練習会では「レベルが違った」と現時点での力不足も認めるところではあるが、このチャンスを生かして飛躍のきっかけとできれば面白い。

流通経済大にはDFイディアゲリ康介(西武台)、MF竹間亮太(聖望学園)ら5選手が進学。夏場の練習試合では大学生相手にも好パフォーマンスを見せながら怪我で最後の冬は出場叶わなかったイディアゲリは、大学サッカーでその悔しさをぶつけるべく燃えているだろう。

昨年の関東大学リーグ2部で2位に入り、今年創部以来初の1部リーグを戦う立正大にはMF渋屋航平(昌平)、MF中野音央(浦和東)、DF井上竜太(武南)の入部が発表された。同じく1部復帰を果たす中央大には年代別代表経験者でレッズ下部出身の大型DF大桃伶音が加わる。

また、高卒プロは叶わなかったものの、「プロへの夢は自分の人生そのものと言ってもおかしくないもの。もっと上のステージに行って、みんながあいつと関われて良かったなと思えるような人になりたい」と話す正智深谷のスピードスター、オナイウ情滋は本格強化を進める新潟医療福祉大へ。東北・新潟の地から兄、オナイウ阿道(大分)と同じフィールドを目指す。

石黒登(取材・文)

soccerlounge