今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2018年度」(大学経由プロ・アマ編)

今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。

進路先ポジション名前経歴
FC東京(※2020年加入内定)MF紺野和也
吉川ホワイトシャーク→C.A.ALEGRE→武南高→法政大
コンサドーレ札幌(※2020年加入内定)MF金子拓郎小川SSS→クマガヤSC→前橋育英高→日本大
FC東京DF渡辺剛大袋FC(FC東京サッカースクール、FC東京サッカースクール アドバンスクラス 深川コース)→FC東京U-15深川→山梨学院高→中央大
大宮アルディージャ
MF小野雅史
大宮ジュニア→大宮Jrユース→大宮ユース→明治大
FC琉球DF内藤健太若松キッカーズ→Forza‘02→國學院久我山高→中央大
京都サンガF.C.DF冨田康平所沢ジュニアユース→市立浦和高→早稲田大
ギラヴァンツ北九州
GK後藤大輝大宮ユース→明治大
ギラヴァンツ北九州
DF新井博人
レジスタFC→FC東京U-15深川→桐蔭学園高→明治学院大
藤枝MYFC
DF原田大雅大袋FC→成立ゼブラFCJrユース→第一学院高→静岡産業大
ブラウブリッツ秋田
GK小池大喜松戸小金原FC→三井東葛JYFC→FCフトゥーラス・エストレージャス→大宮ユース→東洋大
福島ユナイテッドFCDF河西真江南南SSS→クマガヤSC→前橋育英高→産業能率大
福島ユナイテッドFCMF諸岡裕人FCトリプレッタJY→正智深谷高→国士舘大
福島ユナイテッドFCFW雪江悠人松原FC→三郷JY→修徳高→立正大
ザスパクサツ群馬GK吉田舜江南南SSS→クマガヤSC→前橋育英高→法政大
ザスパクサツ群馬DF吉田将也アズマFC→成立ゼブラFC→成立学園高→東京農業大
東京武蔵野シティFCGK諸貫雅弘毛呂山SS→FC毛呂山パルセイロJrユース→西武文理高→中央大
東京武蔵野シティFCDF岩出拓也上尾ユベントス→朝日ジュニアユース→浦和東高→拓殖大
松江シティ FCDF辻川裕介鹿島学園高→東京国際大
ソニー仙台FC
DF宮本鉄平前橋育英→平成国際大
ソニー仙台FC
GK佐川雅寛江南南SSS→クマガヤSC→本庄第一高→中央大
ブランデュー弘前FCDF宮下航輔湘南ユース→東京国際大
さいたまSC
DF齋藤光遥鳩ヶ谷南SS→里中中→武南高→城西大
さいたまSC
DF/MF高澤尋斗蕨中央SSS→FC FESTA→浦和東高→大東文化大
さいたまSC
MF/FW神谷崚仁新座エースFC→朝霞エステレーラ→遊学館高→東京国際大

武南出身・紺野が2020年のF東内定 J2京都入り冨田は早くもデビューで市立浦和対決実現

武南出身のMF紺野和也(法政大3年)の2020年FC東京加入内定が2月22日に発表された。身長は161cmと小柄だが、ひとたびボールを持てば切れ味抜群のドリブル突破で相手ディフェンスを切り裂き、ゴールを陥れるプレースタイルからついた異名は「武南/法政のメッシ」。

以前、武南時代の師・大山監督は「ディフェンスはしなくていいから、その分お前が前で勝負してきっかけを作れと。そうしたらみんなお前のこと認めてくれて、パスを出すようになるからと。そのようにやって高校3年の時には結構キレキレになったんですよね。勇気を持ってやれば、自分が意識したら、小さい子だってなんでもない」と、教え子について語っていた。

高校年代での全国出場は叶わなかったが、その後進学した法政大では1年時からレギュラーを掴むと、昨年はアミノバイタルカップ決勝でチームを初優勝に導く1ゴール、1アシストを決め、年末の全日本大学サッカー選手権大会では準決勝で決勝点を奪うなど、法政大のタイトル獲得に大きく貢献した。最高学年となる今年は連覇を置き土産に、プロに殴り込みをかけたいところ。

また、市立浦和卒で早稲田大に進学したDF冨田康平は京都サンガF.C.入り。同大には一般受験からの進学。部の公式HPを通じ冨田は「プロになる思いを捨てきれなくて、大した経歴も持っていない、まるで雑草のような私が、受験をして名門、早稲田大学ア式蹴球部に入部し、これまで輝かしい実績を残してきた素晴らしい先輩や同期、後輩たちと日々練習してきました。特筆した個性を持った選手達との生活の中で、理不尽なことや悔しいこともたくさんありましたが、こいつらには絶対負けたくない、いつかやってやる、という思いでひたすら練習してきました」とコメント。爆発的な加速力と運動量を武器に左サイドを席巻し、夢を実現させた。

先日行われたJ2開幕戦ではいきなりのスタメン、フル出場。同じく一般受験組で、筑波大からアルビレックス新潟入りしたひとつ上の先輩、MF戸嶋祥郎との市立浦和対決も実現した。

石黒登(取材・文)

soccerlounge