クマガヤSC

クマガヤサッカースポーツクラブ

活動拠点大里総合グラウンド、江南町営グラウンド、熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」、利根川総合運動公園 大野サッカー場etc.
練習日平日:火曜日、水曜日、木曜日18時半~21時 土日祝:試合、大会、練習(1日、半日)
HPアドレスhttp://www.kumagaya-sc.com

1997年6月にジュニアユース年代のサッカークラブとして創設されたクマガヤサッカースポーツクラブ。2005年のナイキプレミアカップジャパン、2012年のデベロップカップと全国レベルの大会で優勝経験を持つなど、埼玉中学年代の強豪として知られています。

OBも多数Jリーグに輩出しており、現在浦和レッズからモンテディオ山形に期限付き移籍しているDF茂木力也や、年代別代表の経験を持つDF小島雅也(ベガルダ仙台)、DF庄司朋乃也(セレッソ大阪)もクマガヤSCの出身。また昨年は昌平高校のNo.10を背負い高校総体で4強入りに貢献、今年からサンフレッチェ広島に入団したMF松本泰志、1つ下の学年では前橋育英高校の10番として今年の選手権で準優勝、4月からは最高学年となり更なる活躍が期待されるFW飯島陸も中学時代は同クラブでプレーしていました。

卒業生はやはりJリーグクラブのユースチームや、選手権などに常に出場しているような強豪校に進学するような選手なども多くいるそうで、「スカウトも見ていてくれるので、うちは進路先には恵まれていると思います」と、自身もクマガヤSC出身で高校サッカーを経験後、昨年同クラブにコーチとして帰ってきたという皆川陸コーチ。

スタイルは学年によって異なるものの、共通して言えるのは「戦うこと」と「走ること」。走ることについては「40分+40分をしっかり走りきれるよう」毎週1回ダッシュとジョグを入り混ぜたインターバル走を実施。当たり負けしない身体を作るためにバンドトレーニングやチューブをつけての練習、体幹トレーニングなども行なっています。

またサッカーはもちろん社会に出ても困らないように、礼儀や挨拶といったところもクマガヤSCではしっかりと指導しているそう。「あくまでも人間として当たり前のことをしっかりというのがベース」と、中学期を同クラブで過ごした皆川コーチはいいます。

今年のU-15チームは「勢いや一発のパンチ力がある」のが特徴。「自分の想いとしてはこの先高校に上がって、選手権で活躍するような選手がこのクマガヤから半分、欲を言えばほぼほぼ出て欲しい。そういう意識を持って全員にプレーしてもらいたい」と皆川コーチ。先輩たちのあとを追ってここから何人の選手が選手権などの全国の舞台で活躍し、そしてプロの世界に羽ばたいて行くのか、注目して見守っていきたいところです!

石黒登(取材・文)

footballpark_omiyabaner