第13回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会準決勝 FCアビリスタ vs FC Gois

第13回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会・準決勝。FCアビリスタとFC Gois YANAKAの一戦は、互いに譲らず2ー2でPK戦へともつれ込んだ中でFC Goisが激戦をものにした。

劇的展開でGoisが決勝へ。平野が終了直前に同点弾、PK戦では佐々木が5人目を阻止

準決勝のもう1カードはまさに死闘となった。先にスコアを動かしたのはGoisだった。前半7分、小池伯空が決めて均衡を破る。しかし新人戦覇者のアビリスタもすぐさま反撃。15分、広瀬陸がゴール前で厳しいチェックを受けながらも反転から右足で突き刺して同点とする。後半はそれぞれ自分たちの時間帯を作りながらもスコアは動かず、ゲームは延長戦に突入した。

延長前半は0ー0のまま終了した中で試合が大きく展開したのは延長後半になってからだった。アビリスタはフルタイムに突入した延長後半10分、その直前にも決定期を迎えていた安倍千暉が中盤でボールを持ってひとり外してスルーパスを送ると、これに反応した松野心汰が右足できっちりと決めて勝ち越し。残り時間は数秒というところで勝負は決定的かに思われた。

しかし試合はこのままでは終わらなかった。Goisは直後キックオフからのボールを平野巧が決めて再び同点に持ち込む驚異の粘りを見せ、同時に終了のホイッスル。勝負の行方はついにPK戦にもつれ込む。PKは互いに4巡目まで決めてきた中で先行アビリスタの5本目をGoisのGK佐々木貫太が右隅に飛びついてストップ。5人全員がネットに運んだGoisが激闘を制した。

石黒登(取材・文)

試合結果

FCアビリスタ 2(4PK5)2 FC Gois YANAKA
1(前半)1
0(後半)0
0(延前)0
0(延後)0
4(PK)5

soccerlounge