第98回全国高校サッカー選手権大会埼玉大会1次予選ブロック代表決定戦 ふじみ野 vs 蓮田松韻

第98回全国高校サッカー選手権大会埼玉大会1次予選・ブロック代表決定戦(ふじみ野高校会場ほか)。グループGのふじみ野高校は4ー0で蓮田松蔭高校を下し、本大会行きを決めた。

スコアはいきなり動いた。ふじみ野は前半開始1分、敵陣右サイドでスローインを得ると、DF小池柊也のロングスローに中央の混戦を制したFW鈴木優暉がヘディングで決めて先制した。

以降は相手の粘りもあり、こじ開けられない時間が続いたが、攻め続けると前半40分、サイドチェンジから「今大会は点を決められていなかった。その前にも1回外していて絶対に取りたかった」というFW伊藤航がMF横島丈とパス交換。エリア内に抜け出して右足で流し込んだ。

後半もふじみ野は落ちない運動量でゲームを支配。8分にはショートコーナーからMF大村陽人のクロスをニアサイドでDF高橋ゆうがドンピシャのヘッドで合わせて追加点、さらに30分には鈴木の左クロスを途中出場のFW寄内楓雅がこちらも頭で決めて駄目押しの4点目とした。

一方、蓮田松蔭は前半、MF佐野海斗がスピードを生かしてサイドから何度か突破を図ったが、ふじみ野のディフェンスラインも固く、なかなかシュートに持って行くことができなかった。

今年は関東予選でベスト8と好発進を切った一方、0ー5で花咲徳栄高校に敗れ2回戦で姿を消すこととなったインターハイ予選はチームとして「驕り」があったと久野幹也監督はいう。

インハイ後はもう一度「俺たちは強くない」というところに立ち返り0からのスタート。リーグで結果が出ない時期が続くなど難しい期間を過ごしたが、今予選は「粘り強く、しぶとく、泥臭く勝つ」ふじみ野らしさが復活。指揮官も「夏を通じて一皮ーけることができつつあるのかな」と手応えを語った。「らしさ」を取り戻した公立の雄が今冬再びの県8強入りに挑む。

必殺ロングスローで先制弾アシスト! 抜群の運動量と献身性でチームを動かすWB

WBながら10番をつける小池柊也について「攻守において試合を決める選手になってほしい」と指揮官はいう。この日も武器のロングスローと運動量でチームを動かす原動力となった。

まずは前半1分に得意のスローで魅せた。長めの助走から身体全体を使ってペナルティーエリアにロングスローを供給。「練習の中でもセットプレーは結構やっていて、今日は調子がよく飛びました」。このボールを鈴木優暉が決め、早々に先制したことがその後の勢いに繋がった。

高2の頃から投げ始めたロングスローは合わせる選手によってさまざまなバリエーションを用意しているという。コントロールも良く、その後の場面でも多くのチャンスを作り出した。

また得点外でも豊富な運動量と献身性でアップダウンを繰り返し、カットインから幾度もゴールに迫っていくなどチームに血液を送り出すポンプ役として躍動。本人は「ラストのところがまだ質が低いのでそこをもうちょっと頑張っていきたいです」と反省したが、久野幹也監督は「運動量や馬力は他の選手とちょっとものが違う部分はあるかなと思う」と太鼓判を押した。

もともと前よりのポジションを務めていた中で、小池をサイドバック、ウイングバックとして見出したのは前任の古市元喜監督(現浦和北監督)。「サイドバックに本格的に取り組み始めたのもやっぱり古市先生から始まった。この体力面にしても学校の体育でというのもあるんですけど、部活でも結構走り込みがあったのでそこからできたところもあるかなと思います」。

同日古市監督の率いる浦和北も本戦出場を決めた。「もしやることになったらしっかり勝って、成長した姿を見せたい」と小池。恩師を倒し、目標の8強進出となれば最高のシナリオだ。

石黒登(取材・文)

試合結果

ふじみ野 4-0 蓮田松韻

soccerlounge