高円宮杯 JFA U-18 プリンスリーグ2018 関東参入戦1回戦 横浜FC vs 昌平

プリンスリーグ関東参入戦1回戦。4季ぶりの昇格を狙った昌平高校は横浜FCユースに対し、セットプレーから先制したが、終盤に失点を重ねて逆転負け。決定戦進出とはならなかった。


立ち上がりからFW西村悠希、MF渋屋航平といった選手が高い位置でプレスをかけて相手のビルドアップを封じにいった昌平は前半11分、MF木下海斗が渋屋とのワンツーからダイレクトでシュートを狙うも、キーパーの好守にあってゴールとはならず。16分にはMF原田虹輝が積極的に仕掛け、エリア内でMF森田翔が倒されたが、これはノーファールの判定となった。

中盤以降は横浜FCにボールを持たれるシーンが増えたが、前半31分のピンチにはDF関根浩平がしっかりと身体を当てて対応。押し込まれながらもきっちりと0で耐えて前半を折り返す。

後半も相手にペースを握られる中で粘り強く守った昌平は13分、ついに試合を動かす。右コーナーキックを獲得すると、原田の正確なキックに、これまでにも何度もホットラインを繋いできた“相棒”関根がヘディングで突き刺して先制。直後、相手MFにゴール前に抜け出されてピンチを迎えたが、ここは果敢に前に出たGK牧之瀬皓太が身体を張って防いでゴールを死守する。

その後も牧之瀬や好守やディフェンス陣の粘りもあり、相手の攻撃を跳ね返し続けた昌平だが、後半36分にコーナーキックからヘディングで決められて失点。試合を振り出しに戻された。

勝ち越しを狙う昌平は後半43分、関根が中盤でボールをインターセプトすると原田が右サイドに展開。木下のグラウンダーのクロスに途中出場のMF須藤直輝がスルーして後ろから走り込んだ森田が狙ったが、シュートはやや足元に入ってしまいクロスバーの上を越えてしまう。

すると後半アディショナルタイム、右からのセンタリングをファーで合わせられてついに逆転を許した。最後は関根を前線に上げてパワープレーに出た昌平だったが、1点を返すには時間が足りず。1ー2と逆転負けを喫し、4シーズンぶりのプリンス関東昇格は叶わなかった。

原田からのホットラインで先制するも… 関根「自分も含めてどこかに弱さがあった」

“盟友”原田とのコンビから先制したが、終盤に耐えきれず。3度目の参入戦となった関根は「最後の最後でやられてしまう弱さが自分を含めてどこかあったのかなと思う」と振り返った。

0ー0で迎えた後半13分、原田の右コーナーキックに「ニアに行くふりをしてファーサイドに外して」ヘディングで叩き込んだ。「原田とのセットプレーの連携はできあがっている。自分も原田のボールを信じていつも走っていますし、原田も自分めがけて蹴ってくれる。3年間一緒にやってきた想いが最後やっぱり得点という形でしっかりと繋がったのかなと思います」。

その後も身体を張った守備で耐えたが、後半36分にコーナーキックからヘディングで決められて同点とされると、終了直前にクロスを合わせられて逆転負け。「やっぱり1失点目。相手を勢いに乗せてしまう1点目をもっと声を掛け合って防ぐことができていたら」と悔やんだ。

1年からレギュラーとして関わりインターハイ3位、昨年は県内5冠の中心メンバーとして活躍。主将となった今年は新人戦、関東予選と結果が出ずに苦しんだが、インターハイ予選を制し本戦では2年前に続く3位と昌平サッカーが全国に飛躍していく中心に立ち続けた。「自分は計4回全国大会に出場させてもらった。本当に1年から信頼して使ってくれた監督やコーチには感謝しかない」。それに対し藤島崇之監督は「今年はキャプテンとして非常に良いリーダーシップを取ってくれた。関根だけではないですけど、彼が中心というのは変わらない。大学での飛躍ができる選手と思っているのでまた頑張ってもらえれば」と今後にエールを送った。

「昌平らしさは最後まで出せた」と原田 最後は笑顔で高校サッカーを終える

「やっぱり結果を残してプリンスリーグに参入させたかったですけど少し力が足りなかった。でも昌平らしさっていうのは最後まで出せたと思うので悔いはないですし、この3年間でやってきたことは本当に良い経験になった。仲間たちにも感謝しています」と原田。最後のミーティングを終えたその表情は、高校サッカーを全力でやりきったという清々しさも感じさせた。

敗れはしたがパスワークに、連動しての崩しに「昌平らしさ」は随所に見せた。先制ゴールのシーンでは正確な右足のコーナーキックから“相棒”関根のヘディング弾をお膳立てをして、「最後にもう一回、自分がアシストで関根に合わせることができたのはすごく嬉しかったですね」。

来年からはJ1王者・川崎フロンターレでの厳しい競争が待つ。「これからももっと成長していかないとやっていける世界ではない。本当に覚悟を持ってやっていこうと思います」。仲間や先輩、後輩にも恵まれたという昌平の背番号8は高校での3年間を振り返り、「本当にいつもみんな仲が良くて、本当に楽しくて。それが終わっちゃうのは悲しいですけど、本当に良い思い出になりましたし、本当に感謝でいっぱいですね」。最後は笑顔で高校サッカーを終えた。

先輩たちの意思引き継ぐ GK牧之瀬「来年はすべての試合で勝つつもりでやりたい」

「これが3年生との最後のゲームになってしまったことが一番悔しいです……」。今年1年、誰よりも3年生たちのプレーを間近で見つめてきた2年生キーパーはそう言って悔やんだ。

今年は3年生が主力を務める中、多くの試合でスタメンでは唯一の下級生としてプレー。ディフェンスでは関根や阿部天翔、吉田航、堀江貴大といった経験値のある上級生の背中を見てきた。「今年は自分が上に乗せてもらっているような感じだった。自分としても助けられたシーンもたくさんありますし、後ろの3年生4人じゃなければ勝てない試合もあった」と牧之瀬。

選手権予選では2戦連続で流血しながらも最後までピッチに立ち続けた関根に「なんとしても勝ちたいという執念」を感じたという守護神は、「今年1年行動としても見させてもらった。自分も今年出ていた以上、来年はしっかりすべての試合で勝つつもりでやりたい。チーム全体がまた変わるので成長できるような環境を自分たちで作って切磋琢磨しながら、今年のチーム以上の結果を出したいと先輩たちの意思を引き継ぎ、チームを牽引していくことを誓った。

石黒登(取材・文)

試合結果

横浜FC 2-1 昌平
0(前半)0
2(後半)1

soccerlounge