第42回全日本U-12サッカー選手権大会 埼玉県大会準決勝

第42回全日本少年サッカー選手権大会・埼玉県大会準決勝(埼玉スタジアム第2)。勝ち上がったのは昨年と同じく、大宮アルディージャジュニア、江南南サッカー少年団(A)、ダイナモ川越東FC(A)、レジスタFC(A)。ベスト4の戦いも奇しくも同カードとなった。


昨年大会覇者の大宮はレジスタに2ー0で勝利。前半5分に河合季輝のゴールで先制すると、後半8分には10番の中松陽太が加点してファイナル進出を決めた。


江南南とダイナモ川越東の一戦は、前半は両チーム合わせてシュート3本と主導権の握り合いとなった中で、後半2分に江南南の柴野惺が決めて均衡を破ると、その2分後に松本遥翔が追加点として2ー0。ダイナモ川越東は別府育真が後半だけで5本のシュートを放っていったがゴールには結びつかず、昨年と同じく4強で姿を消すこととなった。

石黒登(取材・文)

試合結果

大宮アルディージャジュニア 2-0 レジスタFC(A)

1(前半)0
1(後半)0

江南南サッカー少年団(A) 2-0 ダイナモ川越東FC(A)

0(前半)0
2(後半)0

soccerlounge