第97回全国高等学校サッカー選手権大会 埼玉県予選会決勝トーナメント ラウンド16 浦和東 vs 入間向陽

全国高校サッカー選手権・埼玉県予選3回戦。新人戦、関東予選4強の浦和東高校は入間向陽高校を相手に早々に2点を奪うと終始圧倒する形で5ー0で勝利し、準々決勝進出を決めた。


試合が動いたのは前半9分、自陣深くのセットプレーからGK長田亮のロングキックをFW小川翼が落とすと、これに反応したFW河西輝星がゴール右下に低く流し込んで先制点。さらにその1分後にはクロスの混戦からMF杉山琉汰が押し込んで、早々にリードを2点と広げた。

その後も浦和東がボールを保持してゲームを進めるが、「裏へ蹴って入ったところの後がなくてそこでボールを失っていた」(小川)というようにセカンドボールが拾えずに攻撃が停滞。前半34分にはDF上原龍の浮きパスに抜け出した小川が鋭い切り返しからゴールを狙うも、これは入間向陽GK齋藤拓巳が死守されるなどスコアを動かすことはできず。2ー0で折り返した。

後半も開始1分に河西がクロスバー直撃のボレーを放つなど浦和東が押し込む中、3分にはセットプレーのからDF中村弘汰が決めて追加点。10分過ぎにはMF横田遥人が連続して決定機を迎えると、22分にはサイドをえぐった横田のクロスがゴール前で事故を呼んで4ー0となった。

なんとか1点を返したい入間向陽は後半23分、MF聖澤武蔵のコーナーキックからのこぼれ球をMF田中一也が狙ったが、これはゴールキーパーの正面に飛んでしまいゴールとはならず。

逆に浦和東は後半30分、エリア右で小川がキープし、ラストパスを受けた途中出場のFW大越來が決めて5点目。入間向陽も終盤に投入されたMF吉村拓也が抜け出して決定機を迎えたが、シュートはわずかに上に外れた。5ー0と大勝した浦和東が2大会連続の8強入りを決めた。

大勝も指揮官は「まだ50%」と厳しめ評価 横田「エースストライカーを助けたい」

「優勝するためにいろいろとやってきて、まだ半分くらいしかちゃんとできていない。また1週間調整して、その50%を70、80、90と上げていけるように頑張ります」。数字的に見れば大勝。だが、優勝を狙っているチームだからこそ、平尾信之監督は厳しめの評価をつけた。

入りは良かった。エースの小川にボールを集めながら、そのポストプレーで落としたところをアタッカー陣が狙っていく。実際に先制点はその形。セットプレーから小川が競り勝って、前半は2トップに入った河西が決めた。その1分後にはクロスの混戦から杉山が詰めて追加点。

しかしその後は「縦に急ぎすぎてしまった」(横田)「ちょっと間延びしてきて、そこで拾えなくなって、相手の攻撃に繋がるところがあった」(河西)と選手間が広がってしまったことで前線の小川が孤立。後半に3点を加えたが、ボール保持率、チャンス数からすれば「もっと取れた」という印象は残る。河西も「決定的に決められなかったことは今後の課題」とした。

準々決勝は守備に特長を持つ西武文理が相手。横田は「相手の4番(DF河村祥栄)は(小川)翼も勝てたり勝てなかったりで難しくなると思う。翼が潰された時、自分や河西輝星がどう関わっていくか。翼も今日は点が取れてなくてちょっと納得していない感じなので、俺たちが点を取ることによって翼が空いて、あいつが決めればチームも乗ってくると思う。エースストライカーを助けたい」と語った。ベスト8は2列目の関わり方がひとつ大きなポイントとなりそうだ。

2アシストも「自分の仕事ができなかった」と小川 次戦は鬱憤晴らすハットトリックを

「もっと流れを持っていけたと思う。自分の仕事である点を取ることができなかったので、やっぱりそこは自分的には不満です…」と小川。2アシストも得点がなかったことを悔やんだ。

今季は中心として新人戦、関東大会予選の4強に貢献するも、関東予選準決勝で負った怪我で長期離脱。活躍が期待されたインターハイ予選は出場叶わず、最後の選手権にかけてきた。

そして迎えた選手権予選。浦和東にとって大会初戦となった2回戦・伊奈学園戦は1点を争う展開となる中で終盤に決勝点を挙げ、チームにとって欠かせない存在であることを証明した。

「今大会は自分のゴールにこだわって、ハットトリックは狙っていきたい。注目を集めて、優秀選手を目指していきたいです」と小川。次戦は鬱憤を晴らすような3ゴールに期待したい。

石黒登(取材・文)

試合結果

浦和東 5-0 入間向陽

2(前半)0
3(後半)0

soccerlounge