音楽業界人のフットサル大会『音蹴杯2018』がさいたまスーパーアリーナで開催される

2018年1月20日、さいたまスーパーアリーナにて『音蹴杯』が開催された。この大会はディスクガレージ、さいたまスーパーアリーナプロデュースの元、2006年からスタートして今年で13回目となるサッカーを愛するアーティスト、音楽業界人で行われるフットサル大会だ。『怪我なく、楽しく、ガチンコで!』をコンセプトにした大人の遊びとなっており、一般非公開で行われている。

大会はグループAからFの6グループの各5チームが総当りの予選を行い、その後決勝トーナメントが行われた『音蹴杯チャンピオンズリーグ(OCL)』と、40歳以上のチーム編成で戦う『OVER40レジェンドリーグ』に5チームが参加して、それぞれ頂点を目指した戦いが行われた。

今大会は、開会式としてエキシジョンマッチ「音蹴杯2018オールスターオープニングマッチ」が開催され、出身地に分かれてEAST、WESTチームが試合を開催。豪華メンバーが大会を盛り上げた。

EASTチーム[関東出身]

背番号 / 選手 / 所属チーム
13 桜井和寿【怖蹴球】
10 手越祐也【TGS】
9 森山直太朗【巌窟王】
8 天野ジョージ【FCマッコリ】
7 GAKU-MC【怖蹴球】
6 Love Me Do【TFA】
5 TAKE【チーム・アミューズ】
1 片原大示郎【FDG】

監督 4 垣本右近

WESTチーム[関東以外出身]

背番号 / 選手 / 所属チーム
13 常田真太郎【SWERVES】
10 藤巻亮太【FRF】※体調不良のため欠席
9 TERU【TFA】
8 eyeron【FC PROMISE】
7 ナオト・インティライミ【怖蹴球】
6 ディエゴ・カトウ・マラドーナ【SWERVES】
5 淵上泰史【Rhythmedia】
1 ラルフ鈴木【SWERVES】

監督 4 畠田 亮

音蹴杯チャンピオンズリーグ(OCL)は、得点王・MVP、個人2冠の淵上泰史氏率いる『Rhythmedia』が音蹴杯初出場から10年目での初優勝を果たした。連覇を目指した手越祐也氏(NEWS) 、WASSE氏などが率いる『TGS』は準優勝。桜井和寿氏(Mr.Children / ウカスカジー) 、GAKU-MC氏(ウカスカジー) 、ナオト・インティライミ氏が率いる『怖蹴球』が3位となった。またOVER40 LEGEND LEAGUE優勝は、高橋陽一氏(漫画家) などが率いる『FC BRAVO』となった。

参加者は、年1回開催される『音蹴杯』を毎年心待ちにしているようだった。音楽を通じてサッカーを盛り上げる機会として益々の盛り上がりを期待したい。

椛沢佑一(取材・文)

参考:音蹴杯

soccerlounge