県決めの試合で「点に絡む仕事」 成徳深谷MF大森壮馬はPK弾&得意の仕掛けから1G1A


県決めの試合で「点に絡む仕事」。成徳深谷MF大森壮馬(2年)は新人戦支部準決勝の早大本庄戦でペナルティキック弾&持ち味の仕掛けからの絶妙パスで1ゴール1アシストを記録した。

成徳深谷は立ち上がりから相手コートに押し込み、右サイドの大森や左SHの藤村岳渡(2年)の両翼も積極果敢にエリア内に切り込むプレー。その中で前半8分、藤村が積極的に仕掛けて相手のハンドでペナルティキックを獲得。これを大森が右足で落ち着いて流し込んで先制した。

チーム2点目となった自身のゴールは持ち味を出した形。「サイドハーフなのでボールを持ったら積極的に仕掛けて良い形で得点に繋がればと思った」。後半2分、ドリブルで仕掛け、十分に引き付けて絶妙なラストパス。1点目のお返しとばかりに今度は藤村のゴールをお膳立てした。

この日は1ゴール1アシストを記録。また、得点外でも精力的にプレーしたサイドプレーヤーを為谷洋介監督も「点に絡む仕事をしていたし、攻撃のところはよく関わっていた」と評価した。

「自分は仕掛けからのシュートと中のカットインで味方を使ったりするプレーが得意。背後の意識もあるので、そういう相手の嫌がるプレーをしたい」。スピードのある仕掛けやチェイシング、背後を取るプレーを得意とする。また、「去年から勝負どころはわりと決めることが多い」(監督)という得点力も強み。守備面はまだ課題はあるというものの、真面目な性格から来る献身性は成徳深谷の外せないポイントで、指揮官もいまは「課題を与えながらやっている」と話す。

「決めきるところで決めきって、1点取れるか取れないかの瀬戸際の試合で勝ち切れるようなメンタリティの強い選手になりたいですし、ハードワークして守備でも貢献できる選手になりたい」。ひとつずつ課題をクリアし、攻守でさらに貢献できる選手になり、チームを押し上げる。

石黒登(取材・文)