全国高校サッカー選手権 埼玉県大会優秀選手 総評

優秀選手

GK


緑川光希(昌平)
決勝でも鋭い反応で何度も決定機を防いだ守護神。藤島監督をして「一番安心感のある選手。緑川がいるのは大きい」。

斉藤大伽(浦和西)
準々決勝では前回王者・正智深谷撃破に大きく貢献。今季PKまで進んだ試合は無敗と粘り強いチームを後方から支えた。

DF

石井優輝(昌平)
優勝候補としてプレッシャーのかかる中で主将としてチームを牽引。優勝を決めた瞬間には思わず「ホッとした」。

関根浩平(昌平)
準決勝、決勝とセットプレーからゴール。足よりも得意と語るヘッドは「とにかくボールに強くいくことを意識」。

塩野碧斗(昌平)
サイドで上下動を繰り返しながらポイントとなった。「チームの中心だが、黒子に徹することができる選手」(藤島監督)。

福世航大(浦和西)
浦和西の最後尾を支えたビッグマン。準決勝では意地の同点弾、決勝では野口とともに相手のエース・佐相を封じた。

片岡瑞樹(浦和東)
準々決勝・浦和学院戦では土壇場で同点弾。普段セットプレーは上がらない中で志願して上がり、延長前半の逆転につなげた。

MF

原田虹輝(昌平)
ダイナミズムと正確性を併せ持つ昌平のエンジン。キックも正確で準決勝、決勝ではセットプレーで関根のゴールをアシストした。

田中隆太郎(浦和西)
一度は腕章を外したが今大会を前に再び主将に。攻守においてゲームをコントロールしながらチームの決勝進出の原動力となった。

市村悠太朗(浦和東)
西高の起点が田中なら東高のそれは市村。4ー「1」ー4ー1のアンカーの位置でゲームを展開。ロングスローも脅威となった。

桜井潤人(武南)
武南の誇るテクニシャン。準決勝で昌平に敗れて決勝進出とはならなかったが、ドリブルに、シュートに随所で技術を見せた。

石橋彪(埼玉栄)
埼玉栄のNo.10。攻撃的なタレントが揃うチームでトップ下に入りながら、自らもドリブル突破からチャンスを作った。

FW

山下勇希(昌平)
今夏トップ下にポジションを移して3回戦から3試合連続ゴール。「全国でも自分の点で勝たせられるようになりたい」。

佐相壱明(昌平)
「優勝できてよかった……けど点が取りたかったです」。大宮内定のFWは全国でも「決めきる」ところにこだわる。

金子海斗(武南)
準々決勝では高精度のクロスから先制点をアシスト。「チャレンジャー」として臨み、優勝候補・西武台撃破に貢献した。

田中和樹(浦和学院)
2回戦の狭山ヶ丘戦では先制弾。全国は次のステージに持ち越しとなったが、力強いドリブル突破、シュートは迫力満点だった。

梶谷政仁(正智深谷)
今年は主将としてチームを牽引。準々決勝で浦和西に敗れて3連覇達成とはならなかったが、懐の深いドリブルで前線の起点となった。

山口賢人(西武台)
準々決勝では先行を許しながらも、後半53秒で電光石火の同点ゴール。PK戦の末に敗れたが、両軍最多の4本のシュートを放った。

石黒登(取材・文)

soccerlounge