平成30年度 埼玉県高校サッカー新人大会準々決勝 川越東 vs 坂戸西

新人大会・西部支部予選準々決勝。川越東高校は坂戸西高校を2ー1で下して4強進出を決めた。川越東は準決勝で聖望学園高校と、坂戸西は5位決定戦に回り埼玉平成高校と激突する。


立ち上がりからパワーを持って出たのは川越東。2回戦は途中出場だった競り合いに強いFW西脇光祐がポイントとなりながら、西脇、佐藤一磨の2トップが次々とゴールを狙っていく。

すると前半のうちにスコアが動く。川越東は35分、MF加藤遼太朗の高速クロスに西脇、佐藤が飛び込むと、一度は空を切るも軸足に当たったボールを西脇が右足で押し込んで先制した。

その後も川越東は連続してゴール前に迫るが、坂戸西は前半アディショナルタイムにフリーキックを獲得すると、1年生MF田島輝が対角線のここしかないというコースに中弾道の球を蹴り込んで直後に前半終了の笛。坂戸西が少ない決定機をきっちりと決めて1ー1で折り返す。

この1点で勢いに乗った坂戸西は、ハーフタイム明けから攻め込む回数を増やしていく。後半14分にはキャプテンのDF橋爪嶺の思い切りの良いロングシュートがクロスバーを直撃した。

前半と風向きが変わったこともあり苦しいシーンが続いた川越東だったが、この時間帯をしっかりと耐えると反撃の機会が訪れる。後半23分、カウンターから西脇がドリブルでエリア内に侵入し佐藤に横パス。これがキーパーのチャージを誘いペナルティーキックを獲得する。西脇のキックは一度キーパーに読まれたが、こぼれ球を自らダイビングヘッドで詰めて勝ち越した。

終盤、坂戸西は再び猛攻を仕掛けたが、GK松島昂太郎を中心に最後まで集中力高く攻撃をシャットアウトした川越東が2ー1で勝利して4強入り、5年ぶりとなる関東大会出場を決めた。

「練習してきた形が出るのはこの先」と佐藤玄コーチ。ここまでは自分たちでボールを持てる試合が続いたが、ここから先は格上との対戦となる。準決勝の相手は聖望学園。「そういう相手に対してどう守って、カウンターを仕掛けるかというのをやっている。聖望は完全に格上なので逆に戦いやすいかなと思います」。磨き上げてきたリアクションサッカーで金星を狙う。

理論派集団の感覚派、西脇が2ゴール 聖望学園戦でも予定調和を破壊する一発を

理論派集団・川越東の“感覚派”FW西脇光祐が2得点でチームを5年ぶりの関東予選に導いた。

前線のポイントとして今予選初スタメンした9番は前半35分、クロスから右足で押し込んで先制弾。その後同点とされるも後半23分にカウンターからペナルティーキックを獲得すると自ら志願。キックはコースが甘くなってしまい一度は弾かれたが、こぼれ球に「足じゃ間に合わないと思ったので身体ごといきました」。ダイビングヘッドで押し込んでこれが決勝点となった。

得点機に象徴されるように「理論的に考えることが得意な校風」(佐藤コーチ)という同校に珍しい感覚派の選手。「あまり考えるのとかは得意じゃなくて、中学校の頃も結構身体で覚えさせられた感じなので(笑)。それで身体が自動的に動いちゃう感じです」。組織的なディフェンスがベースのチームにあって、良い意味で異分子としてアクセントを加えられる存在だ。

聖望学園戦に向けては「支配されることになると思うんですけど、自分がしっかり収めて起点を作れたら」と西脇。競り合いはもちろん、予定調和を破壊する感覚派の一発に期待したい。

石黒登(取材・文)

試合結果

川越東 2-1 坂戸西

soccerlounge