今年卒業する選手達はどこへ「埼玉の選手達の卒業進路2017年度」(Jクラブ編)

今年もこの季節がやってきた。プロの世界に身を置くもの、新たな環境でサッカーをスタートさせるもの、大学での4年を経て再びプロを目指すもの、すべての選手たちにとっての旅立ちのシーズン。それぞれの大きな夢に向け、新たな一歩を踏み出す選手たちの進路を追った。


浦和レッズDF橋岡大樹浦和大久保サッカー少年団→浦和Jrユース→浦和ユース
浦和レッズMF荻原拓也1FC川越水上公園→浦和Jrユース→浦和ユース
浦和レッズ(徳島ヴォルティスに期限付き移籍)MF井澤春輝綾錦原サッカースポーツ少年団→JFAアカデミー熊本宇城/ソレッソ熊本→浦和ユース
大宮アルディージャMF奥抜侃志ファナティコス→大宮Jrユース→大宮ユース

浦和は橋岡ら3選手が、大宮は奥抜がトップ昇格!

J1浦和レッズはDF橋岡大樹、MF荻原拓也、MF井澤春輝の3選手がトップ昇格を果たした。

育成時代から各年代別代表を経験し、昨年のルヴァンカップでトップデビューも飾っている橋岡は大きな期待を背負っての昇格だ。主戦場のセンターバックの他にサイドバックでもプレー可能な守備のユーティリティは「このクラブの一員になれたことは誇りに思う。その中でも活躍しないとプロになった意味がないので上に行っても頑張りたい」と入団会見で決意表明。

ジュニアユースで一緒だったDF角田涼太朗(前橋育英高校→筑波大学)、MF菊地泰智(流通経済大柏高校→流通経済大学)が選手権で活躍したことも大きな刺激を受けたという。「そういう刺激を受けた中で僕ももっと自分をみんなに知ってもらいたいというか、自分のプレーを見て欲しい。そういった面ではいち早く埼スタのピッチに立って、逆にいま大学に進む(ジュニアユース時代の)仲間に刺激を与えられたらなとは思っています」と意気込んだ。

またこの1年で自らの状況を一変させたのが荻原だ。1年前はなかなか試合に絡めずにいたというサイドアタッカーは「一個一個小さい目標をクリアしていってだんだん近づくことができた」。昨年はU-18日本代表にも選出されるなど、急成長を遂げてトップ昇格を掴み取った。

持ち味はスピードと左足からの正確なキック。「左足のキックは自分の武器でもあるので、これからもどんどん磨いて、誰にも負けないようなキックの精度にしていけたらと思います」。浦和でレフティーのキッカーというとMF柏木陽介がいるが、「球質とかは違うと思うので、キックでは負けないように頑張りたい」と宣戦布告した。1月の1次キャンプではハットトリックも記録するなど得点を量産。早くトップチームでプレーするところを見たい選手だ。

井澤は昇格後、今季はJ2徳島ヴォルティスに期限付き移籍することが発表された。球際の強さや得点感覚に優れる伊澤は昨季プレミアリーグEASTでチーム2位となる6得点をマーク。3選手の中では唯一開幕戦でベンチ入りを果たしており、ピッチに立つ日も近いかもしれない。

 

大宮アルディージャはU-18日本代表のMF奥抜侃志がユースからトップチーム入りを決めた。

武器は切れ味鋭いドリブルでユース時代は10番を背負った技巧派。「ドリブルはやっぱり自分の中でも一番磨きをかけてきたので、そこのところは見て欲しいなと思います」。

昨年チームは9位となりプレミアリーグ残留を逃した。「ユースとしてなかなか結果を出せない、チームのために何かできたのかなと思った時に、あまり貢献できていなかった」と奥抜。だからこそプロでは「もっと貢献していきたい」と力強く語る。トレーニングマッチではゴールも記録。新加入のシモビッチや大前元紀など、前線はJ2屈指のタレントの揃う大宮だが、将来の欧州でのプレーも見据えるMFはチームのJ1昇格に貢献すべくスタメン奪取を狙う。

石黒登(取材・文)

footballpark_omiyabaner