青森山田がセットプレー4発。クマガヤSC出身DF内田も必殺ロングスローで先制点に絡む

第98回全国高校サッカー選手権大会は3日、4会場で3回戦を実施。ベスト8が出揃った。

埼玉代表の昌平は國學院久我山と対戦。前半から攻め込みながらも相手キーパーの攻守もあり、なかなかネットを揺らすことができなかったが、後半アディショナルタイム、途中出場の1年生MF篠田大輝のゴールで1−0と競り勝った。國學院久我山は1FC川越水上公園出身のMF大窟陽平がフル出場したが、連戦の疲れもあり、決定的な場面を作り出すことはできなかった。

また、大会連覇を狙う青森山田はセットプレー4発で富山第一を4−1と一蹴。1点目はクマガヤSC出身のDF内田陽介のロングスローがきっかけとなった。DF鈴木琉聖(グランデFC)、DF松本将吾(尾間木中)は出場はなかったものの、2試合連続のベンチ入りを果たしている。

準々決勝は昌平と青森山田という注目のカードとなった(5日、等々力陸上競技場、12:05キックオフ)。今年の高校年代No.1チームに昌平がどのような戦いを挑んでいくのか、注目だ。

MF靏見拳士朗(クラブ与野)を擁する矢板中央は鵬学園を2−0で撃破。仙台育英は前戦決勝点を挙げたFW吉田健太(クラブ与野)が今大会初のスタメン出場。2試合連続弾とはならなかったものの、強豪・日大藤沢をスコアレスからのPK戦の末に下し、準々決勝に駒を進めた。

石黒登(取材・文)

soccerlounge