戸木南ボンバーズFC

トキナン ボンバーズ エフシー

活動拠点戸田第一小学校、戸田第二小学校、戸田新曽中学校、戸田市道満サッカー場、戸田惣右衛門公園サッカー場
練習日月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日(小学生は金曜日、土曜日、日曜日) 平日・19:00〜21:00 休日・練習試合、公式戦等
HPアドレスhttp://www.tokinan.com/

1993年に設立。今年でチーム発足24年目を迎える戸木南ボンバーズFCからは、これまで多くのトップ選手たちが巣立ってきました。

2012年のU-17女子W杯で日本の初優勝に貢献、準MVPにあたるシルバーボールを獲得したMF長谷川唯選手。16歳でなでしこリーグデビュー、同年飛び級でU-20W杯に招集され「奇跡の16歳」として注目されたDF土光真代選手(ともに日テレ・ベレーザ)の2人は戸木南の同級生。現在、A代表を率いる高倉麻子監督にはアンダー世代から指導を受けており、ともに2020年東京五輪での活躍が期待されています。

他にも、なでしこリーグ2部・スフィーダ世田谷FCのFW村山百花選手、大和シルフィード(チャレンジリーグ)のキャプテンを務めるMF阿部紗也加選手、同じくチャレンジ所属・オルカ鴨川に今年加入したDF村岡真美選手なども同チームの出身です。過去を含め、これまで15人以上の選手をなでしこリーグに送り出してきました。

また、高校年代の有力校にも多数輩出しており、今年の全国高校総体3位の十文字高等学校はベンチを入れると4人が戸木南OG。その他、浦和レッズレディースの下部組織にも多くの卒業生が在籍しています。こういった先輩たちがグラウンドを訪れることもあり、子供たちにとっては大きな刺激となっているそうです。

普段は戸田第一、第二小学校、新曽中学校、道満サッカー場などをメインに活動している彼女たち。現在小学生が35人ほど、中学生13人、一般5人が在籍しているといいます。中学生は水曜日を除く毎日、小学生は金・土・日曜日が練習日、平日は19時から21時のナイター練習、土日は県内外に遠征を行くことが多いそうです。

これまでの最高成績は全国第3位。目標は「当然全国のトップ」としながらも「やっぱり将来はなでしこJAPANの選手を輩出することですよ」と、戸田市サッカー協会副会長も務める田中治夫監督。団員も随時、ホームページで募集中だそうです。

石黒登(取材・文)

soccerlounge