全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 決勝 昌平 vs 浦和南プレビュー

第97回 全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 決勝
11/18(日)14:05 KICK OFF 埼玉スタジアム2002

昌平 vs 浦和南プレビュー

技術の昌平か、粘りの浦和南か。昨年に続き、決勝はインターハイ予選と同一カードとなった。オープンな展開となったインハイは終盤に力を見せつけた昌平が4―2で勝利したが、今回はやはり1点を争う展開になると見る。

今夏は全国で3位。大会連覇を狙う昌平は今年もJ1川崎内定のMF原田をはじめ、3戦3得点、3アシストのFW森田、MF木下と技術の高い選手が揃う中、サッカーIQの高いDF関根を中心に後ろからしっかりと組み立てながら、機を見て楔を打っていく形がベースとなるだろう。

また後半途中から出てくるであろう1年生10番のMF須藤も注目選手。年代別代表経験も持つ期待のルーキーは今年福井県で行われた国体少年の部で埼玉県選抜の中心選手として優勝に貢献。そのドリブル突破は必見だ。

対する浦和南は聖望学園、武南、成徳深谷といった難敵をいずれも1―0ゲームを下しての決勝進出。野崎監督の下、鍛え上げられた選手たちは今年も粘り強さが光る。

インターハイ後に守備範囲を広げ一皮むけた感のあるGK正野、空中戦に絶対の自信を持つDF相馬を中心に守り抜き、ロースコアゲームに持ち込みたい。

準決勝は相手の徹底マークに遭ったMF大坂は「2点取ります」と決勝で鬱憤を晴らすつもり。また、今大会はゴールには結びついていないものの、セットプレーはやはり大きなカギとなりそうだ。

石黒登(文)

soccerlounge