LAVIDAが初の全国へ 日本クラブユースサッカー選手権U-15大会出場決定


日本クラブユースサッカー選手権U-15関東選手権の13位、14位決定戦が6日に行われ、FC LAVIDAがMF荒井悠汰の決勝弾で東急Sレイエスに1−0と勝利し、初の全国出場を決めた。

LAVIDAは2012年に創設し、現在の3年生が6期生となる。中心選手のMF佐藤海空斗はU-15日本代表にも選出されており、全国での活躍も楽しみなところ。なお、全国大会は8月15日より北海道の帯広の森球技場ほかで行われる。

soccerlounge