第12回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会 準決勝

第12回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会。準決勝の2試合が行われ、さいたまシティーノースFCとダイナモ川越東FCがそれぞれ勝って、両チームともに初の決勝進出を決めた。

“全少”覇者・江南南サッカー少年団(A)と対戦したさいたまシティーノースFCは前半11分に磯崎麻玖が先制点、15分には鈴木陽のクロスに再び磯崎がヘディングで決めて加点した。一方の江南南は後半23分に上西遥喜が松本遥翔との崩しからネットを揺らして1点差に。その後も上西を中心に攻撃の形を作ったが、松本のシュートがポストを叩くなどあと1点が遠かった。

ダイナモ川越東FCと上尾朝日FCスポーツ少年団の一戦は後半3分、ポストの跳ね返りを久保原心優が詰めて上尾朝日が先制したが、ダイナモ川越東は13分にコーナーキックから金子朋樹が頭で沈めて同点とすると、終了間際の19分に別府育真が劇的弾を突き刺して逆転勝ちした。

準決勝後には今シーズンの県内4種リーグを戦った東部(11)、西部(14)、南部(20)、北部(8)、少女(1)の計54ブロックの各優勝チーム、2位、3位チームの表彰が行われた。

江南南は2冠達成ならず… 主将の上西「今日の課題を克服して全日に挑みたい」

先月の全日本少年サッカー大会・埼玉県予選に続き2冠を狙った江南南サッカー少年団だったが、あと一歩及ばず。主将の上西は「あまり力が出せないで負けてしまった」と悔やんだ。

0ー2で迎えた後半23分に自らが起点となったクロスに合わせて1点差に。その後も得意のドリブルなどで攻撃を牽引したが、「左足で思い切り打てば入るかなと思ったところが弱くなってしまった」と左足のフィニッシュを課題に挙げた。「今日の課題を克服して全日に挑みたい。全国大会で自分の力をいっぱい出せたらなと思います」。この悔しさは全国で返す。26日開幕の全日本少年サッカー大会・本大会では原口元気を要した2003年以来となる優勝を目指す。

精神面成長で鬼門突破 ダイナモ川越東が逆転勝ちで初のファイナルへの扉開く

前半はスコアレスで耐えるも、後半早々に先制される苦しい展開。それでも最後まで諦めないメンタルを見せたダイナモ川越東FCが終了間際の逆転勝利で初のファイナルへの扉を開いた。

失点を機に前線の枚数を増やし、攻撃の形が生まれ始めると同点弾は練習を重ねてきたセットプレーから。後半13分、秋山喜一のコーナーキックに「うまくマークを外せた」という金子がヘディングで決めて試合を振り出しに戻す。するとこのゴールに「自分も決めなきゃ」と触発された別府が終了1分前に勝負を決めた。前半からクロスバー直撃のシュートを放つなど積極的にゴールを狙っていた点取り屋は、スローインから秋山とパス交換するとキーパーがニアサイドを取っているのを見逃さず、ファー強く、速いボールを突き刺して劇的逆転劇を演じた。

高杉学監督は「最後まで諦めない気持ちが少年時代は一番大切。それをしっかりこういう大舞台で出せたというのはメンタルも強くなってきたのかなと感じます」と精神面の成長を語る。

昨年は全少予選、4種選手権で3位、今年も先の全少では優勝した江南南に準決勝で敗れ涙を呑んだ。指揮官は「上のお兄ちゃんたちの成績を越えようというのもモチベーションになっていた。全日で負けてしまったその悔しさ、強い気持ちを出してくれた」と選手たちを労った。

石黒登(取材・文)

試合結果

さいたまシティーノースFC 2-1 江南南(A)
ダイナモ川越東FC 2-1 上尾朝日FC(A)

 

soccerlounge