平成29年度 高校サッカー関東大会 埼玉県予選 慶應義塾志木 vs 越谷西

関東大会・埼玉県予選1回戦。浦和南高校会場第2試合は慶應義塾志木高校と越谷西高校が対戦し、慶應志木が3得点零封で2回戦進出を果たした。

「今年の代は2年前に関東予選でベスト16に入ったのを見て入学してきた子供たち。そこになんとか追いつこうという目標で、1勝を目指してやってきたので非常に嬉しい」。試合を終えて慶應志木・山中智之監督は顔を綻ばせながらそう語った。

1点目、2点目はチームとしてこだわってきたというサイド攻撃から生まれた。先制点は前半19分。MF菊池錬、DF木之村哲の左の2人がサイドを打開してクロスを入れると、MF小林篤広がシュート。これが相手のオウンゴールを誘発し先制に成功する。さらにそれから3分後の22分には追加点。やはり左の2人がサイドを攻略すると、MF河合瑞季がドリブルで持ち込んで最後はMF齋藤光毅が決めて一気に相手を突き放した。

また守備面でも前半は被弾5本、ピンチも迎えたが、バランスを崩すことなく「しっかり我慢するところは我慢できた」(山中監督)。このまま2ー0で試合を折り返す。

後半早々には試合を決定づける3点目が入った。4分、敵陣でスローインを獲得すると、DF中山龍大がロングスロー。「ロングスローの形は練習していた。そこに信じて走り込んだ」というゲームキャプテンの菊池がニアで合わせてリードを3点と広げた。

中盤から終盤にかけては越谷西に押し込まれる時間もあったが、最後までゴールキーパーを含む守備陣が集中力を切らさずに完封。3ー0でベスト16を決めた。

「練習試合から失点0で終わるゲームがなかったのでそこは褒めてあげたい。攻撃に関してもセットプレーと流れから1点ずつ取るというのが3月の合宿からのチームの目標だったので、流れから2点、ロングスローからも取れたのはよかった」と試合を振り返った山中監督。「このゲームができれば100点。ここ10年ではベスト16が一番の成績。ここで1勝できたのは僕らにとってはすごく価値のあることだと思う」と勝利を噛み締めていた。

尚、慶應志木は翌日の2回戦で武蔵越生高校に2ー1で勝利して準々決勝に進出。過去最高成績は1971年の選手権予選準優勝。彼らの挑戦はまだ終わらない。

石黒登(取材・文)

試合結果

越谷西 0-3 慶應志木

0(前半)2
0(後半)1